2008年03月30日

美樹生の窓 祝10

明日はストリート。

昼間のライブはキライではないです。



なんか、全身を素の状態で見られているのが恥ずかしい時も
ありましたが、あの、空に音符が舞う感じがすごく好きです。




楽しみだ。





横浜。円形広場&ベイシスです!








力を合わせてがんばります!




CAAEIDHI

mikiodai at 01:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年03月28日

美樹生の窓9

どっちかと言うと誘うほうより、誘われる方だ。



この手に関しては企み能力ゼロである。
そして誘われたら、「しゃーねーなぁ、行ってやるか。」的ナ態度を
とってしまう非常にめんどくさい奴だ。



え?なにってそりゃ

花見。


は・な・み。


英訳すると、Enjoy the SA・KU・RA!(ほんまかい!)





ないんか?ないんかないんか?





まだお誘いゼロやぞ。いいのかみんなそれでいいのか?






幹事を決め兼ねているのか。ダチョウの上島りゅうちゃんばりの
じゃおれやるよ、どーぞどーぞ。のトラップなのか?





行きたいな。寒い寒いとかいいながら、ビールを飲みたいな。






ほいで(ひらり)おっ、桜酒やん!なんていいたいな。






まだあと1週間ある。希望を捨てずに待ってます。






ueshimahon続きを読む

mikiodai at 03:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年03月27日

美樹生の窓8

窓からすいません、告知です。




8月10日(日)にワンマンが決定しております。

どうしてもみんなに来て欲しくて仕方がありません。





今からそう思っています。





やる曲とかも、こんなライブになれば・・・、
とかも今は何も考えていません。





うそです、ちょっとは考えています(笑)
でもほとんど本当です。





なるだけ早いタイミングでチケット発売を考えています。
なるべくたくさんの人に届けれるように。






今ぐらいから僕はもう興奮してます。
いや、僕達は、やな。






8月10日渋谷クレスト

ラウドライブス9だ!宜しくです☆




mikiodai at 01:48|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2008年03月26日

美樹生の窓7

趣味ってなんだ。趣味。


人間が自由時間(生理的必要時間と労働時間を除いた時間、余暇)に、好んで習慣的に繰り返しおこなう事柄やその対象のこと。道楽ないしホビー(英:hobby)。
※ウィキペディア・フリー百科辞典より引用、てか貼り付け。



履歴書とか又は、なんか書類系でそういうこと聞かれたら

すんごく困っちゃうのさ。


だってさだって、だってさ。



音楽聴くこと、創る事含める
音楽活動は趣味じゃないもん。僕の明日を賭けているわけですから。




じゃなんだ、空想?いやいや。
妄想?暗いな。




パチンコ・競馬?せぇへんせぇへん。酒?んー違う。

スターウォーズ、北斗の拳、西遊記(まちゃーきの)、ワンピース、
ドリフ、ダウンタウン。これや!




【趣味】

北斗の拳・スターウォーズを見る事。(ワンピース、ドリフもあり)









もし面接官がスターウォーズファンやったらそりゃ盛り上がるやろうな。
その逆の場合、完全にスベるけどね。









結局いつも、音楽鑑賞、又は特になしって書いてまうねん。
弱気な僕。






たとえば全部に(笑)をいれたらインパクト在るでしょうね。






【最終学暦】

大阪学院高等学校卒業(笑)



【資格】

○年○月 普通自動車免許取得(笑)



【長所】

(笑)



みたいな。






別に履歴書書いたわけでもないねんけど、妄想でここまでたどり着きました。






がんばれ新社会人たちよ!(なんじゃそりゃ。)



無題

mikiodai at 03:06|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2008年03月25日

美樹生の窓6

桜が咲いていました。



僕んちの最寄の駅には、たった一本だけえらく立派な桜の樹がある。




毎日何気なく眺めてしまう樹なんですが、それがこの時期になると




『そっかあんた桜だったョなぁ・・・。』と気付かされる。




何年か前までの桜の樹がもっとたくさんあった駅周りは、
少し殺風景ではあったけど、
なかなか目にはやさしい景色だった。



その後、この辺も開発がすすんで、今では結構おしゃれな店が建ち並ぶ
よくも悪くも綺麗な街並みに様変わりしました。






当時の木々はその開発によって
みるみるうちに切り落とされていって、とうとう残り1本に
なったとき、街の人たちの力でどうにかコレだけは。


ってことで今に至ったらしいです。






一体切り落とされていった仲間たちをどんな気持ちで眺めていたのでしょうか?




今でもあの頃を、時々思い返しているのでしょうか?





今日、帰宅の終電間際の駅前。



その樹の下で、不安げに待っている女子がいました。彼氏を
待っているのでしょう、改札からの疲れた人の波の中を、
携帯片手にそわそわしながら探していました。


駆け寄る彼氏に気付いたときの表情のゆるみに、
他人事ながら、よかったぁとさえ思いました。


それから、おかえりとただいまを交わして2人仲良く帰って行きました。





なんかいいなと見上げれば、











桜が咲いていました。











「よかったぁ。」って言っているようでした。










なんか意味なんてないけど、明日もがんばろうって思えました。







RIMG0282続きを読む

mikiodai at 02:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)


ライブ告知だ!!!
【live告知】チケット予約はこちら




オフィシャルサイトmiwamikio.net