2012年06月11日

美樹生の窓 964

やっとこさ、文字にしてみようと思う。




サラブレンド。




やっぱサラブレンドはすげーなって思えたのね。
それは青葉君がどんだけ「君たちには勝てない」とか、
「出演前の営業妨害だ」って言っても、





いつもサラブレンドは僕たちを飛び越えていくんすよ。





ぼくにとってのトラウマです、ウマだけに。うまくない。
でもほんまに心地よいトラウマです。





魅了されるってこういう事よ。
あの時のみんなもおんなじやったやろ?




あおられるままに体が動いて、奏でられるたびに笑顔になって
歌の言葉や,メロディーの中でいろーんな事思い返しては泣きそうになったり
突っ込んでみたり。




スターですよ、これこそまさに。





終焉に近づくにつれ、あ、これは改めての活動休止ライブやん。
ってうすうすみんな気付いてるねんけど、誰もが笑顔でさ。




それが僕にとってあの時の一番の感動でした。




特に乱ちゃんのサラブレンドが観れてほんまによかった。ピースがすべて揃って
素晴らしい絵になったね。


おれらと出会った頃のフォークロックなサラブレンド
切磋琢磨した時代のポップスなサラブレンド
自らが選んだダンスミュージック時代のサラブレンド

いつだって僕は彼等のよさを知っているよ。
山あり谷ありの末、残念なサラブレンドって言う奴らがいたら胸ぐらつかんでどーんっすよ。




僕が愛して止まないバンド、サラブレンド。




少し眠らせてあげてください、青葉君の「すいませんでした」を添えて
やっとみんなに『おやすみ』を言えたのだから。




mikiodai at 03:33│Comments(1)TrackBack(0)

 トラックバックURL...記事に関係ないTBは削除させて頂きます

この記事へのコメント

1. Posted by 李虎   2012年06月12日 02:14
5 三輪さんも最高でしたよぉ
サラブレンドのライブの為に京丹後市より遠渡遙々横浜まで行った甲斐がありました。6/8一番ゥチが盛り上がったのは
三輪さんの出番の時ですよ
三輪さんのラストの曲の時、後の女の子に左肩からまんべんなくジンジャーエールをかけられまして
服も足もミュールも鞄もネタネタのビショビショ
テンション急降下となった所で
サラ様たちの登場だったのです。
トイレで着替え鞄や足を拭いて出て来た時にはもう前には戻れず黒いカーテンで、サラブレンドは見えず
ゥチの目に焼き付いてるのは
三輪さんアナタです! 笑

また三輪さんのライブ行きたいです♪

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ライブ告知だ!!!
【live告知】チケット予約はこちら




オフィシャルサイトmiwamikio.net